日付欄をデコレートしてページの雰囲気を自由に変える

日付欄に”日付シート”を貼ったり数字をスタンプしてデコレーションすると、手帳の雰囲気をページ毎に変えることができます。

ページで使用している日付シートはこちら;
フラッグタイプの日付シート(ビンテージタイプ)/minne

手書きフレームでフリーテキストエリアを作る

項目ごとに枠を書き込むと、手帳に印字されている枠にとらわれることなく自由に好きな場所に好きなだけ書くことができます。
ただの線だけでなく、点線にしたりドットを加えたり、小さなイラストを添えたり、手書きでフランクな枠を描くと自由度が上がります。

書くことがないときは

書くことがないときは、白紙のままで!
それが、「書くことがなかった」・「忙しかった」という記録になります。 余裕があればイラストを書いたり、目にとまった雑誌の切り抜きや写真を貼って埋めてみるとページが賑やかになります。

ページが足りないときは

書くことが多くてページが足りない・・・
そんなときは、紙とマステでページをカサ増しできます。
使う紙は、コピー用紙でもOK。そのほか、ルーズリーフや可愛いメモ、おしゃれな包装紙の裏側など、紙ならなんでも使えます。大きめの付箋ならマステなしでもカサ増し完了。
文を書き込んだり、写真を貼るスペースにしたり。
大きな紙を畳んで使えば、それだけページが増えて便利です。