【ブランディング準備】自分とライバルを比較して落ち込まないで!

ホーム » ブログ » ブランディング » 【ブランディング準備】自分とライバルを比較して落ち込まないで!

起業したら、誰でも後発なんです。
だから、すでに成果がでている人と比べなくてもいいはず

それでもやっぱり不安になるならこの方法を試してみてね!

目次

ライバルや競合と自分を比べなくてもいい!



起業しようと思っていた分野で、すでに売れている人がたくさんいる!
自分は後発だし、売れるか不安だ・・・

でも落ち込むなんて勿体ないんです!

ビジネスの目的に合わせて行動量やがんばる方向を最適化すれば、
同じ分野でもライバルとは違うビジネスを生み出せます。

さらにブランディングの準備にもなるので、ぜひ試してみてください

 

01 行動量を増やす



ライバルがすでに成功しているのを目にすると
羨ましくなったり、憧れたり、心が忙しくなります。

そのライバルだって、100行動したうちの1つが当たっただけなんです。

だから「私はどうしてできないの?」なんて思うことはない。

その分、参考にさせてもらって行動量を増やしてみよう!

02 ライバルを徹底分析してみよう

なせ、自分が落ち込むほどライバルがすごく見えるのでしょうか?

こんな方法で分析してみよう!

  • ライバルの商品を買ったりサービスを利用する
  • 自分が心惹かれたポイントを書き出す
  • お客さまの声を熟読してどんな点がよろこばれているかを知る

03 お客さまへの貢献度がブランディングにつながる

ライバルの行動やサービス内容を分析すると、自分のビジネスとの違いが明確になりますよね。

ここで絶対忘れてはいけないのは「自分のお客さま」の存在です。

ライバルがターゲットにしている人と、「自分のお客さま」は本当に同じでしょうか?

ライバルがすごいからといって、ライバルの行動や商品をパクってしまうと
自分が相手にしたいお客さまの心に響かない内容になるかも。

だからこそ、真剣に比較したいのは「強み」の部分だけなんです。

強みの表現はブランディングにもつながりますから、
誰に望まれる「強み」なのかをしっかり把握・自覚しましょう!
 

04 ライバルと手を組む

実は「ライバルと協力する」のもいい方法なんですよ。
具体的には、こんな方法があります。

  • 一緒にLIVE配信する
  • お互いに紹介しあう
  • 合同サービスを展開する
  • セット商品を作る


ライバルと協力すると、行動の量と質が引き上げられます。
そして、相手のお客さまが自分を知ってくれるきっかけにもなるんです。

まとめ

比較していいのは「強み」だけ

落ち込むよりも、相手を分析したり利用することで
自分の行動やサービスの質をアップさせられます!

  • 行動量を増やす
  • ライバルを徹底分析
  • お客さまへの貢献度を考える
  • ライバルと手を組む

これは全部、ブランディングにもつながる準備なので、落ち込むよりもまず実践してみてね!

今日のお話があなたのブランディングの参考になったら嬉しいです^^

ブランディングやコンセプト設計をサポートします

あなたのビジネスのブランディングやコンセプト設計をサポートします。
まずは話をきいてみたいという方のために、60分のブランディング相談会のご予約を承っています。
毎月先着3名様限定、初回割引させていただいています。(※2024年4月末まで、人数制限なしで全ての方へ無料で実施しています)

例えば・・・
・起業までのロードマップをつくる
・集客導線の漏れをチェック
・ビジネスモデルを見直し、フィットする発信方法を一緒に検討

などなど、60分を有効にご活用ください!

※次回以降のスポットコンサル・継続コンサルのご案内を10分程度させていただきます

ご参加された方への限定特典

・お悩み分解シート
・初回コンサルの割引特典

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
記入例:1月10日(水)11:00~
記入例:1月10日(水)11:00~
相談会で相談したい内容を選択してください

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブランディングデザイナー・Web集客コンサル
香川県生まれ。国立大学を卒業後大手調味料メーカーで11年間勤務し独立。現在2児の母。
ブランディング・コンテンツマーケ・デジタルマーケ・オンラインショップ構築・ロゴなどデザイン制作・ナレーションなどでスモールビジネス〜中小企業のサポートをしています。
きのこの山派です。

目次